交通事故に遭った場合


交通事故に合った場合、まず最初にすべき事は、警察に連絡する事です。その後加害者に損害賠償請求など、あらゆる手続きを行っていきます。ここでは、交通事故に遭った場合のするべき事などについて、ご説明します。

まずは、警察に連絡する事です。基本的に加害者が行いますが、加害者か被害者かどちらかわからない場合や、相手が逃走する可能性もあるので、いつでも自分で連絡できる心構えをしておきましょう。万が一相手が警察を呼ぶ事を嫌がっても、後々トラブルにならない為にも必ず呼びます。次に、事故現場の記録を取ります。大けがを負ってない場合を除き、自分でも出来る事をします。現場の証拠は損害賠償請求時に、非常に重要になります。相手の車両ナンバー、住所、氏名、保険会社名の他、事故車や現場の状況、破損部位なども記録に残しておきましょう。念の為、車検証や免許証、第3者の目撃証言を確保しておく事で、警察や保険会社に信用される事が多くなります。

次に、加入している保険会社へ連絡します。後遺症が出てくる場合も想定し、その場で勝手に示談交渉などはせず、まずは保険会社へ報告します。交渉のプロである保険会社に任せる事で、示談の際に必要となる資料など、後で後でに回る事を避けられます。これらが済んだら、目立った外傷がなくても病院へ行きます。後にむち打ちや脳内出血、骨折などが発覚する事もあります。傷害を負っている場合は人身事故となるのですぐに警察に行き、人身事故の手続きを行います。病院で診断を受けた際は、必ず診断書をもらいましょう。最後に保険金請求の際は、交通事故交付を受けなければなりません。忘れずに行うようにしましょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.